読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎のプロレス発言

国会議員の発言、久しぶりにもの凄く腹が立った。
謝罪・撤回したらしいが、かと言って考え方そのものを改めるわけじゃないだろう。形式だけの謝罪だ。
まず、プロレスを知ってたらそんな薄っぺら発言はしない。別に嫌いなら嫌いでいいし、興味ないならないで結構だけど、バカにする資格など誰にもねえだろうが!!
しかし、意外に肯定的な意見言ってる奴もいるのが幻滅した。某議員もコイツらも間違いなくプロレスを知らない。むしろ無知な発言に同調する更なる無知どもの方が某議員以上に腹が立つ。何も知らないくせに「言ってる事は正しい」みたいなね。
知らないからバカにできるんだ。違うというならお前らがプロレスの何を知ってるのか言ってみろ。どうせクソみたいなことしか出てこないのは明らかだ。
人の痛みも分からないからプロレスをバカにできる。
例えば女優の剛○○芽が嫌い、は別にいい。けど「ブス」はおかしいだろ。好き嫌いは置いといて、美人には違いない。ブス呼ばわりした全員、自分の顔を出してそれが言えるか?
プロレスをバカにする奴等、技をくらってみろ。
これ読んだバカは「じゃあお前は技食らったことあるのかよ」とか言うんだろうね。
ねえよ。
けどもの凄く痛いことは観てりゃ容易に分かる。素人がまともに食らえば死ぬことも。だから絶対バカにしない。
もう一度言う。嫌いなら嫌いでいいよ。興味ないならないでいいよ。ただ、バカにする資格なんざ誰にもないってことだ。知らないなら知ったかぶりせずに最初から黙ってろよ。
ただ、俺自身、田舎の一プロレスファンとして思うことがある。田舎のプロレスと言うのなら、その対極にあるのは都会のプロレスだよね。つまり東京のメジャー団体・新○○プロレスは間違いなくそれだよね。
今年になって数回、数年ぶりに観てきたけど、昔より全然面白くなかった。超人達のぶつかり合いであるはずが、「あれっ。もう終わった・・・」という試合ばかりだった。それまで僕は勝手に、プロレスラーはどこにいてもリングがあれば同じようにベストを尽くして闘ってくれているんだ、と思ってました。何故なら昔観たライガーvs大谷晋二郎のベストオブザスーパージュニア公式戦の、TVと変わらぬ物凄い試合に会場内の熱気も半端なかった。まるで決勝戦どころかタイトルマッチであるかのような熱い試合だった。それだけじゃなく、最前線でない選手(失礼だけど)同士の闘いも面白かった。小林邦明vsブラックキャットとかも、凄く盛り上がっていた。大体の試合は勝った方も負けた方も両者の得意技を見ることができた。だから僕はプロレスが好きなんです。
ところが、今年観たものはいずれも、それを感じた試合が1つもなかった。気のせいなのかな?いや、俺だって子供の頃から観てるんだ。ファンとして目には自信がある。あの選手のあの技観たかったのに・・・という試合がいくつもあった。
ドラゴンゲートはそんなことなかったよ。都会でも田舎でも変わらない試合を魅せてくれるよ。
もし、言いたくないが田舎の興業だからって手抜きしてるなら、「だからこんなこと言われるんだ」と言いたくもなる。例の議員さんの発言がもしそういう意味なら、僕には言い返す言葉がない。まあ、記事読んだ限りでは、とてもそう思えないから、こうして批判してるわけだけど。
ついでだから、新○○さんしか観たことないのに他団体を見下す似非プロレスファンも僕は同じくらい許せない。

相川七瀬さん

昨日は地元のショッピングモールに音楽のイベントがあり、相川七瀬さん他数名のアーティストさんがやって来てくれた。そのことはすっかり忘れていて、たまたまトイレがしたくなって立ち寄ることにした。近づくと何故か交通整理の人に案内され、従業員用駐車場へ。
何で?・・・。あぁ、そうか。只今14:10。15:00から相川七瀬さんのライブが催事場で始まる。これは観なくては!!
適当に時間を潰した後、興味なさげな妻は車へ戻り、僕は一人で立ち見することに。しかもかなり後ろの方。
遂にライブが始まりました。何故か曲は「世界中の誰よりきっと」、2曲目は「世界が終わるまでは」。
・・・。こんな感じで進むのかな?あの曲とかはやらないのかな?と少し不安になりました。
その2曲が終わり、MCに入りましたが後ろの僕には殆ど聞こえませんでした。少しだけ聞こえたのが、ニューアルバムが出るということ。で、その流れでアルバムの中から2曲やってくれました。そろそろ妻が待ちくたびれ始めたかな?と気になっていると。
「最後に」という言葉が聞こえ、タイトルコール「SWEET EMOTION」。場内がぐんと盛り上がりました。嬉しかった。タイムリーで聴いてた、しかもかなり好きな方の曲だから。「SWEET EMOTION」の部分は大合唱だった。これで終わりだろうなと思ったら、更に「夢見る少女じゃいられない」をやってくれました。
まさかここまでしてくれるとは!会場内の盛り上がりは言うまでもなく最高潮。
あんなショッピングモールの中であんなにも盛り上げるなんて、やっぱ一流のアーティストってスゲエ!と思わされました。観て良かった。
相川七瀬さん、こんな田舎に来てくれてありがとうございました。

ドラゴンゲート高岡大会10月9日

昨日は待ちに待ったドラゴンゲート、自身3回目(闘龍門時代含めば5回目)の興業を観てきました。
僕はジミーズ、妻はトライブヴァンガードのTシャツを着て準備万端。
何せYAMATO選手のことが世界で一番好きな妻は何日も前からプレゼントまで用意してただけに、会場が近づくにつれて緊張が伝わってきました。
と思ってたら何と!!
ランニング中のYAMATO選手を発見!!それだけで妻は大興奮。走ってる姿もめちゃめちゃカッコ良かったし、その辺のランナーとは次元が違うスピードでしたし、オーラも半端なかった。
更にファンクラブ特権で15分早く会場内に入らせて頂いたんですが・・・。何と、ついさっきまで走ってたYAMATO選手が福引きコーナーに。もう完全に舞い上がってしまってる妻。彼女のあんなに言葉も出ない状態、初めて見たかも。プレゼントは直接渡せたものの、握手をしそびれてしまいました。僕も緊張してたから、次は僕が冷静に彼女をサポートしよう、と思いました。
そして何と、くじ引きでプレミアシートをゲット!!全試合を間近で観れることになりました。
皆凄いなあ。あれだけ凄い試合を、僕らを上手くかわしながらやるんだから。場外乱闘が、僕らの後ろで行われるなんて経験、こんなことでもないとまずあり得ない。飛ぶ選手いっぱいいるけど、飛ぶところをほぼ真下から観れました。
ただ、今回は非常に残念ながらCIMA、斉藤ジミー了、ピーター・カッサがいない。特にCIMAや了さんがいると盛り上がり方が凄いから。それをあの席で観ようなんて欲張りすぎかな(笑)
憧れのYAMATO選手はKzy選手とタッグで吉野正人・ビッグR清水組との対戦。「It's Kzy Time」を2度叫びましたが不発に終わり、清水選手の砲丸投げスラムでフィニッシュ。
メインはベルセルクとチーム戸澤陽による8人タッグ。僕がこの席だから、背後で場外乱闘、真横や30cm前とかに選手がいるという信じられない空間の中で観れました。
しばらく生で観れない戸澤選手、生でデッドリフトやパッケージジャーマン観たかったけど、最後は北陸の野獣サイバーコングのサイバーボムでマリアちゃんから3カウント。
興業終了後はやってみたかったボランティア。会場内の片付けの手伝いをしました。意外と疲れました。選手達の方が疲れてるのに普通に働いてたのが凄いけど。
ドラゴンゲートの皆さん、今回も素晴らしい試合を見せて頂き、ありがとうございました。

続・プ女子について

先日の続きになりますが、最近、純粋にプロレスを愛する者にとっては胸くそ悪い炎上が起こりましたね。
マツコさんの番組に出てたプ女子の方に対する誹謗中傷。どれも的を得ていない、感情のまま子供のように喚き散らしてるだけ。反論するのも馬鹿馬鹿しいものがほとんどだった。
更に、この事あるいはプ女子という言葉について自らの見解を語った棚橋選手の記事。「プ女子という呼び方はあまり好きじゃない」というもの。これに反応し、私もプ女子なんて呼ばれたくないてすぅ、みたいな薄っぺらコメントが乱発。馬鹿すぎる。棚橋さんは、プ女子が嫌いなんじゃない。ファンはみんなそれぞれプロレスを好きでいるのにそういう括り方で女性のプロレスファンを偏った目で見ることが良くないんじゃないか、という意見であり、あんたらが手のひら返す必要は全くない。なのに今度は棚橋さんの2回目の記事を読んで、私もプ女子でいいですぅ、と来た。

・・・。

ふぅ~。

あのー。お前らが何女子だろうがどうでもいいんだけど、あの番組に出演した女性を叩いた全ての奴、そして棚橋さんや小島さんの記事を見てからイエスマン的なコメントや手のひら返し的なコメントぬかした全ての奴、お前らはプロレスファン失格だ。プロレスの何を観てきたんだ?お前ら全員が間違いなくやってることは、ただの偏見だ。プロレスファンがやってはいけないことだ。
総合格闘技とかが好きで「プロレスは八百長だ」と抜かして下に見てる奴らが僕は大嫌いだ。
だったら技を食らってみろよ。死ぬぞ。
プロレスが嫌い、というのなら構わない。八百長という表現が気に入らない。何を以て八百長なのか。わざと食らうことが八百長なのか?こいつらも、その手のひら返しの似非プ女子どもと同レベルだ。すご~く狭い視野の中で喚き散らしてるだけ。
プロレスファンは視野が広いんです。心も広いんです。お前らが目くじら立ててギャーギャー騒いでることも、全然取るに足らないことなんです。好きな選手がいたら、敵に当たる選手、好きでない選手のことを嫌うなんてこともしない。実際プロレスが八百長だとかぬかすその狭い視野で、知らない筈のことまでケチをつけるあんたらとはレベルが違います。
知らないなら黙ってろ!
ちょっとだけ教えてやるか。
わざと技を受けたりして見えるのは、プロレスは、敢えて技を受けないといけない時が必ずあります。何度も。技が極らない試合なんて誰がわざわざお金払って観に来る?仕掛ける方にも喰らう方にもその選手のファンはいるからね。この人のこの技を観たい。これも醍醐味の1つだ。そして喰らってなお立ち上がる超人的タフネスも同様。
さぁ、何がイカサマだ?お前らのうすっぺらい価値観を押し付けるな。
プロレスファンは格闘技を貶したりしない。そっちの面白さを分かった上でプロレスを愛してる。勿論好きな選手の敵に当たる選手やライバル団体、他のスポーツや格闘技を貶したりもしない。今回炎上騒ぎを起こした奴らは、例外なく俺の言うプロレスファンではない。
言っとくが俺は正真正銘プロレスファンだ。柔軟な頭を持っている。話せば分かる。プロレスを知り尽くした上での批判は受け入れる器ぐらい持ってる。これだけ色んな団体があるんだ。好き嫌い、興味のない団体もあって然るべきだ。ただ、プロレスを知って頂ければその時点で、他のジャンルや選手にケチをつけようなどと思わないはずだけどね。お前ら小島さんや棚橋さんの記事ちゃんと読んだか?
俺は格闘技が嫌いってわけじゃない。あれはあれで凄く面白い。俺はプロレスの方が好きなだけ。逆の人もいて然るべきだ。
ちょっと話が逸れたが、知らないくせに中途半端にファンを名乗り、他のファンもジャンルも選手も、叩く権利など誰にもないってことだ。やりたきゃ一人でやれ。どうせそんな奴は何に対してもケチをつけるしか能がないんだろうけどね。
もう一度そいつらに言おう。

お前らはプロレスファンではない。

プ女子について

かなり長い間ご無沙汰してる間に、我が家に劇的な変化があったので報告します。
妻がプ女子になりました。
きっかけは俺が家で観ていたWWEのDVDに、中でも特にアンダーテイカーに魅力を感じ、興味を持ってくれたんです。


f:id:ucantcme0508:20160928202259j:plain

気付いたら年に一度のチャンスと思い両国まで観に行ってしまいました。
続いて二人ともお笑い、バラエティが好きなので観ていたアメトーークで取り上げられた日本のプロレス。しばらくWWEばっかりで日本のプロレスの情報が止まっていたところへ、僕はかなりの衝撃を受け、妻は新鮮な興味を持ちました。中邑真輔、オカダカズチカ、棚橋弘至、今プロレスラーはこんなにも華やかでカッコいいのか、と。


f:id:ucantcme0508:20160928202626j:plain


特に中邑選手に魅力を感じていた我々ですが、しばらくすると中邑選手が何と!WWEへ移籍するという衝撃の展開!!




f:id:ucantcme0508:20160928204056j:plain







更に、ある時妻が見かけた雑誌・週刊プロレス。プロレスファンなら誰でも知ってますわな。その表紙に写ってたこの人



f:id:ucantcme0508:20160928204226j:plain




YAMATO選手(一番右)。ドラゴンゲートの看板選手。こんなにカッコいいのに、面白いし、おまけに調理師免許にフードコーディネーターの資格まで持ってるんです。

今、妻が一番好きな男性です(俺じゃないんかい!?)。この写真、YAMATO選手のことを知って三ヶ月でゲットです。この間、2度の公演を観て、三度握手しました。
妻は今、いつもYAMATOのことを考えています。着信音は彼の入場曲です。
世界最大のWWEを(両国でだけど)2回、日本最大の新日本という大きな団体も2回、ドラゴンゲートを2回(来月で3回目)生で観てます。それぞれDVDも何度も観てます。目も肥えてだいぶ詳しくなってます。僕も子供の頃から観てる立派なプロレスファンですが、認めます。彼女も立派なプロレスファンです。自他共に認めるプ女子です。

さて、その“プ女子”というワードについて皆さんはどう思いますか?
昨日マツコさんの番組でプ女子とプロレスを取り上げていました。一人のプ女子が出てきて、プロレスのどんなところが好きなのか、色々話してもらい、オカダカズチカ選手も登場し、試合も見せてくれました。昔は男臭かったプロレスが女性に受け入れられ、プ女子って言葉まで生まれた今の時代を嬉しく思います。けど、翌日ツイッターとかで、この女性が叩かれまくってました。オカダ選手と絡んでいたことに対する妬み嫉みからでしょうか。
「あんなんじゃプロレスの凄さがちっとも伝わらない」
「イケメンにキャーキャー言ってるだけじゃねえか!ふざけんな!」
みたいなね。

・・・。ふぅ~。

あのー。

あの番組はバラエティで、プロレスを知らないマツコさんにも好きになってもらいたい、というコンセプトの企画であると私は認識してました。内容に私は何の違和感も感じず、あの女性に対して嫌な感じも全くしませんでしたが、ネットでは好き勝手言われてました。
でもあれはプロレスファンばかりが観てる番組じゃない。むしろ知らない人の方が多いと思う。そんな中で熱くプロレスを語ったところで興味を持ってない人に持ってもらえるようにはならないでしょう。そんなことも考えない、感情のままにわめき散らしてるだけな印象しかなかった。
しまいには「プ女子なんて言うな」「一緒にするな」など。
一人前のプロレスファンは、1つの団体だけを、更には一部の選手だけを贔屓して他を否定したり蔑んだりしない。ある程度柔軟な頭を持っている。ヒールの選手が本当に悪い人ではないことも知っています。好きな団体に好きな選手がいても、敵対関係にある選手は嫌いかというとそんなこともないし、他の団体を一切観ないなんてこともない。勝ち負けだけを観てるなら他のスポーツ観てろってことです。1つの団体しか観ないファンに限って他の団体を見下すんです。そんなことしてる時点で、一人前のプロレスファンじゃない。一から出直しするべきだ。
プ女子を「ただイケメンレスラーにキャーキャー言ってるだけのミーハー」と解釈されるのは大きな間違いだし、そんなだったらEXILEとか観てたらいいしね。彼女達はしっかりとプロレスを観ています。
そんなことも知らないでプ女子叩きしてる奴ら、その閉鎖的な考えでいる限り俺はお前らをプロレスファンとは認めない。

ストレス

また最近めっちゃストレス溜まってる。
言いたいことは腐るほどあるけど、それを受け止める懐の深さを持っていない奴等を相手に、それは時間のムダだと思い我慢し続けてきたが、次にごちゃごちゃ抜かして来やがったらいよいよ我慢しきる自信もなくなってきた。
それはもう思いっきり壁を殴ってもちっとも痛くないくらい。人間て怖い、と思った。この感情が人を冷静でなくさせるんだね。この感情が人に人を殺させるのかもね。
最近は妻にも「家が壊れるから止めて」と言われるから、パンチングマシンでも買って家で思いきり殴りたい。じゃないと俺本当におかしくなりそうだ。

元少年Aとその反響について

僕は彼が書いた本は絶対読みません。
世間でも読みたくないって意見が大多数のようで、良かった。
考え方は人それぞれだから、買った人を批判する資格は僕にはないけど、親御さんがあそこまでお怒りなんだから、僕は読めないですよ。「息子は2度殺された」とまで仰っているのに、それに加担するわけにはいかない。
読んでから文句言え、とか言う人もいるかも知れないが、それ言ってる人も、作者も、そんなこと言う資格なんて誰にもないから。例え同じような経験をした人であってもね。
それに、如何に誠意を持った文体で謝罪しようが、反省を述べ連ねようが、儲けた金全てご遺族に支払われようが、許可なく実名も出さず出版された時点で全てはまやかしであることは分かりきってる。その当たり前の筋も通せない奴が、人の心に響く本など書けるわけがない。どうせ、その腐った自己顕示欲の塊のような文章なんだろう。反省などしてるわけもない。そもそもそういう思考回路自体が奴の頭にないんだから。何故分かるのかって?許可も得ず実名も出さないことが証拠として十分すぎる。そんな簡単なこと分からない時点で、書いた奴、擁護する奴、面白半分に買った奴(もいる筈)、全員同じ穴のムジナである。
誰かが言った。加害者になった時、同じように批判するのか、みたいなこと。誰だって自分か家族が被害者にも加害者にもなる可能性がある、とか。そんなことまで言い出したらキリがない。理不尽に人の命を奪った時点で、同情の余地もない。なのに自分を分かってもらおうとしてる。今この国で一番厚かましい、図々しい奴だ。それに、一生治らないサイコパスだから、言っても無駄だしね。絶対治らない。空を飛ぶのと同じくらい不可能だ。
そんな本を何故書けるのか、売りに出せるのか、擁護できるのか、俺には全く分からないし、分かるつもりもない。分かりたくもない。
実際、感想の中には俺の想像通りのものがいくつもあったよ。ただの自己満足、言い訳。だから何?何が言いたい?みたいな、ね。頭のイカれた殺人者の心理を本人自らが描いた貴重なサンプル、とでも思ってる人もいると思うが、だったら売り物にする必要はない。分析とかは一部の専門家がすればいい。
ああ、今からでも極刑にできないもんかねぇ。どうせ一生治らないんだから。