田舎のプロレス発言

国会議員の発言、久しぶりにもの凄く腹が立った。
謝罪・撤回したらしいが、かと言って考え方そのものを改めるわけじゃないだろう。形式だけの謝罪だ。
前にも書いたが、プロレスを知ってたらそんな薄っぺら発言はしない。別に嫌いなら嫌いでいいし、興味ないならないで結構だけど、バカにする資格など誰にもない。
しかし、意外に肯定的な意見言ってる奴もいるのが幻滅した。某議員もコイツらも間違いなくプロレスを知らない。むしろ無知な発言に同調する更なる無知どもの方が某議員以上に腹が立つ。何も知らないくせに「言ってる事は正しい」みたいなね。
知らないからバカにできるんだ。違うというならお前らがプロレスの何を知ってるのか言ってみろ。どうせクソみたいなことしか出てこないのは明らかだ。
人の痛みも分からないからプロレスをバカにできる。
例えば女優の剛○○芽が嫌い、は別にいい。けど「ブス」はおかしいだろ。好き嫌いは置いといて、美人には違いない。ブス呼ばわりした全員、自分の顔を出してそれが言えるか?
プロレスをバカにする奴等、技をくらってみろ。
これ読んだバカは「じゃあお前は技食らったことあるのかよ」とか言うんだろうね。
ねえよ。
けどもの凄く痛いことは観てりゃ容易に分かる。素人がまともに食らえば死ぬことも。だから絶対バカにしない。
もう一度言う。嫌いなら嫌いでいいよ。興味ないならないでいいよ。ただ、バカにする資格なんざ誰にもないってことだ。知らないなら知ったかぶりせずに最初から黙ってろよ。
ただ、俺自身、田舎の一プロレスファンとして思うことがある。田舎のプロレスと言うのなら、その対極にあるのは都会のプロレスだよね。つまり東京のメジャー団体・新○○プロレスは間違いなくそれだよね。
今年になって数回、数年ぶりに観てきたけど、昔より全然面白くなかった。超人達のぶつかり合いであるはずが、「あれっ。もう終わった・・・」という試合ばかりだった。それまで僕は勝手に、プロレスラーはどこにいてもリングがあれば同じようにベストを尽くして闘ってくれているんだ、と思ってました。何故なら昔観たライガーvs大谷晋二郎のベストオブザスーパージュニア公式戦の、TVと変わらぬ物凄い試合に会場内の熱気も半端なかった。まるで決勝戦どころかタイトルマッチであるかのような熱い試合だった。それだけじゃなく、最前線でない選手(失礼だけど)同士の闘いも面白かった。小林邦明vsブラックキャットとかも、凄く盛り上がっていた。大体の試合は勝った方も負けた方も両者の得意技を見ることができた。だから僕はプロレスが好きなんです。
ところが、今年観たものはいずれも、それを感じた試合が1つもなかった。気のせいなのかな?いや、俺だって子供の頃から観てるんだ。ファンとして目には自信がある。あの選手のあの技観たかったのに・・・という試合がいくつもあった。
ドラゴンゲートはそんなことなかったよ。都会でも田舎でも変わらない試合を魅せてくれるよ。
もし、言いたくないが田舎の興業だからって手抜きしてるなら、「だからこんなこと言われるんだ」と言いたくもなる。例の議員さんの発言がもしそういう意味なら、僕には言い返す言葉がない。まあ、記事読んだ限りでは、とてもそう思えないから、こうして批判してるわけだけど。
ついでだから、新○○さんしか観たことないのに他団体を見下す似非プロレスファンも僕は同じくらい許せない。