駅伝の件

先日、四つん這いでタスキをつないだ駅伝のニュースが世間を騒がせてましたね。

非常に難しい問題です。賞賛すべきか止めるべきだったか、僕なんかが簡単に答えなど出せない。だからそれぞれに提案してみます。

まずは批判側の人達へ。今後の為にも「膝をついたら失格」みたいなルール作るのダメかな?競歩は歩き、マラソンや駅伝は走るレースでしょ?走ってないならその部分は無効か、失格にすればいいんじゃないの?あれを「止めるべきだ」というのなら。ただ、あそこにいた審判の人も行けると思ったから行かせたんでしょ?結論だけ言うと。命に関わるなら無理矢理にでも止めたと思うよ。

賞賛する側の人達へ。だからって美談で終わるのも違うと思う。確かにあの選手は凄い。チームの為に自分の限界を超えて戦い抜いたんだから。この議論においてあの選手を批判する権利は誰にもない事はみんな分かってる。ただひとつ気にくわない記事を見た。誰だったか専門家が、あれは戦いなんだ、外野がとやかく言える事じゃない(かなり掻い摘んだけど要はそういう事でしょ?)みたいな事言ってたけど、それについて僕は言いたい。他のスポーツも、いや、スポーツ以外でも、もっと言うなら我々サラリーマンだって戦ってるよ。アンタらだけじゃない。だから、「何も知らないくせに」と思ってるのなら、甘えるなと言いたい。おまえらだけじゃねえんだよ。

みんな色んな事情があって頑張ってる。スポーツにはルールがある。今後ああいう事があった時に止めさせたいなら、ルールを早急に作るべきだ。というのが僕の結論です。

新日本の展開について

まずはロスインゴのパレハ。僕は絶対違うと思ってた鷹木信悟だった。衝撃だった。僕の周りは怒りの声が圧倒的に多い。内藤まで嫌いになりそうなんて声まで飛んでいる。僕はそこまで怒らなくても、とは思う。むしろ、ドラゲー時代ずっと観てきた選手が新日本のリングにいる、という事でワクワクしたし、これからどこまでやれるかしっかり見届けるつもりだ。

そしてバレットクラブ。ジェイと外道がOGと結託したね。そして邪道も。OGはあのままじゃ誰か入れるしかないな、とは思ってたから、なるほどって感じだった。でも、そうなるとジェイがタッグのベルト狙おうと思ったらどう考えてもファレと組むしかないわけだけど、できるの?ま、それは置いといて、これでケニー達とバレット抗争が始まりそうだね。

 

最後に、ケイオス。オカダは棚橋と共闘するだろうし、おそらくYOSHI-HASHIも本隊行くだろう。そうなると、矢野、石井、後藤、オスプレイはどうするのかな。ここだけが全く予想つかない。そのメンバーだけでケイオス続けるのでは、あまりに盛り上がらないと思う。誰か入れるのか、バラバラになるのか。何気にオカダ棚橋共闘や、ロスインゴとかより、この事が一番気になる。

まだまだ見逃せないですね。

新日本の今後を予想

新日本、神戸ワールド大会。まさかのジェイと外道が結託してオカダと決別という事態。けど、ヒールの外道とオカダとはもともとお似合いのコンビとは思ってなかった。そして思わぬ事故に見舞われたヨシハシ。オカダとヨシハシがこれからどうするのかが気になる。ジェイが出て行くのか、オカダとヨシハシが出て行くのか、オカダとヨシハシもバラバラになってしまうのか。他のケイオスの面々はどうするのか。僕はオカダもヨシハシも本隊でいいと思います。オカダと棚橋のタッグ、観てみたい。そしてジェイはヒールとして今よりもっと突き進んでいってくれればいいんじゃないかな。内藤みたいに人気出すぎてヒールである事を忘れるくらいにまでなってほしいし、それだけのものは持ってると思う。どこかに所属するんじゃなくて自ら軍団を率いればいい。

あと、ロスインゴも何か新たな展開がありそう。メンバー増やすのかな。だとしたら誰が来るのか、誰も来ないのか。

まあ、そのうち分かる事だろうから、楽しみに待たせてもらおう。

山本KID徳郁選手

偉大な格闘家が今日、1人旅立ちました。山本KID徳郁選手。この人と魔裟斗選手は、子供の頃からプロレス好きな僕に、プロレスを忘れさせた人です。

彼らの世界は、僕ごときが語るのもおこがましいが、言わば魅せる事より勝つ事の方が重要な筈です。一瞬で勝負が決まる世界なのだから。かと言って勝つ為に確実な試合をしようとすると「つまらない」と言う(そんな事言う奴らに限って魅せるプロレスをイカサマとか言ってバカにする。都合良すぎないか?)、そんな身勝手な我々を納得させてくれる、魅せて勝ってくれる人でした。

僕が一番思い出深いのは、たった4秒で決まった宮田和幸との一戦です。開始早々いきなり飛び膝で宮田選手の顎を破壊。あの筋骨隆々の宮田選手を一瞬で病院送りにしてしまったのです。あの試合以降、僕はファイプロで自分が使うキャラに飛び膝蹴りを設定し、色んな名レスラー達を飛び膝でKOしまくりました。あの、たった4秒の試合が、今も強烈に脳裏に焼き付いています。それだけじゃありません。

あの試合以降、宮田選手の事も気になりました。あれから鼻で流動食を摂取するという過酷な日々を乗り越え、またあの筋骨隆々の体で復帰し、立ち技の強豪ブラックマンバを破ったのです。めちゃくちゃカッコ良かった。あの4秒で、僕はKID選手の虜になり、更に宮田選手まで好きになってしまったのです。

そんな感動を与えてくれる人、どのジャンルでもそうそういるもんじゃない。同じ時代を生きれて良かった。

天国でも存分に暴れて下さい。ありがとうございました。

続・君の膵臓をたべたいの感想

いやぁ、まだ観直してもいないのに、余韻が残っている。

何故か一見似ても似つかないタイタニックと重ねて観てしまっていた。ジャックは常に前向きで、1人の女性を守り抜いて、その後の人生に大きな影響を与え、亡くなった。そして、その女性の心の中で生き続けた。このヒロインも、クラスメイトの少年に影響を与え、ずっと彼の心の中で生き続けている。

今まで同じクラスでありながら全く接点がなかった2人が、偶然から急接近し、次第に心を通わせる。お互い自分にないものを持っている者同士、惹かれ合う。この辺もタイタニックと通じるものがあると思うのは僕だけかも知れないが、僕はどちらかと言えばあの男の子の方が自分に近く、感情移入し易かった。見た目以外ね。10代の頃の僕も、あのように誰とも関わらず1人でいた時期があった。彼はずっとそうだったみたいだけど。

だから、たまらなく彼女が眩しかった。しかし彼女も、そんな彼だから惹かれたんだろう。同じように明るくクラスの人気者みたいな男だったら、きっと興味持たなかっただろう。

タイタニック観終わった時も思った野暮な事。沈没せず無事にアメリカに着いていたら、2人は幸せになれたかな。同じ事を今回も思ってしまった。彼女が大人になったら、彼と結ばれていたのかな、幸せになれたかな。それは誰にも、きっと作者にも分からないのだろう。

最後に彼が送ったメール、読んだのかな?その言葉と同じ言葉を彼女も最後の手紙の最後の一文に記していた。悲しすぎる、美しすぎる、素敵すぎる物語でした。

感動をありがとう。

僕はまだ妻とたった13年しか一緒にいない。これからもずっと愛し続けます。いつ別れが来るかは誰にも分からないのだから、今を大切に、後悔しないように。

両親へ

こんな僕を育ててくれてありがとう。僕は幸せです。貴方達が育ててくれた僕は僕のこと好きです。そう思える人生をくれてありがとう。大好きです。尊敬してます。ただ、孫の顔見せてあげれてないのが申し訳ないです。

妻へ

君と一緒になろうと思ったのは忘れもしない、「明日2人で会おう」と初デートの約束をしたその時。だから、交際から結婚を決意するまでマイナス1日。あの時僕は、これまで出会った全ての人に感謝した。そのどれかがなかったら、君と出逢えなかったかも知れないから。僕とこうして出逢ってくれてありがとう。

僕は君といる時が最高に幸せです。これからもずっと一緒にいてください。これからも愛してる。

君の膵臓をたべたい

ずっと観たかった作品だ。

ヒロインの女の子、天使のようだった。付き合い始めた頃の妻と自分を思い出しながら観ていた。

最近、いやここ数年、毎日考えてるかも。

俺はどのように死ぬのかな。

せめて妻は1人にしたくない。先には逝けない。

そんな事を毎日考えて、恐怖で寝れない事もある。

作品の中の彼女は高校生で亡くなったけど、演じた女優さんはこれからも活躍して色んな作品で、今のように感動を与えていってほしい。

見終わってからも色々な事を考えていた。

幼馴染3人で呑んだ時、10代で亡くなったもう1人の幼馴染のことを思い出した。子供の頃いつも4人で遊んでいた。あいつにもこの場にいてほしかった。当時、いい友達でいれた自信がないから、大人になって成長した自分を見て欲しかった。他の2人にはそれができて良かった。

いつ別れが来るかは、誰にも分からない。だから1日を精一杯、後悔しないように生きて行こう。

ケニー・オメガという男

f:id:ucantcme0508:20180731215732j:imageこれを書いてる今現在、IWGPヘビー級のチャンピオンである男。つまり日本のプロレス界の頂点に立つ男。ケニー・オメガ

こんな男見た事がない。プロレスは子供の頃から観てきたが、まずこんなカッコいい外人日本にはいなかった。カッコ良かったらアメリカで売れてるからね。日本に来る外人は確かに強かった。メチャメチャ強かったり、怖かったり、色んなレスラーがいた。プロレスファンから見たらカッコいいんだけど、ケニーみたいな普通にカッコいい外人はいなかった。彼なら恐らく、彼を知らない人に写真だけ見せてもカッコいいと思われる事だろう。

それだけじゃない。昔から日本には名外国人レスラーがたくさんいるが、彼らにけして劣らない強さを感じさせてくれる。

ヘビー級でありながらジュニア顔負けのダイブ、それにパワー、危険を省みない思い切りのいいめちゃくちゃなファイト、時折披露する流暢な日本語と茶目っ気。それに、例えば空手出身なら鋭い蹴り、柔道出身なら寝技などで持ち味を発揮するが、彼は純度100%、隅から隅までプロレスだ。

飛べる、パワーがある、やられても立ち上がるタフさもある、面白い、カッコいい。まさにプロレスやる為に生まれてきたような男だ。彼ならWWEのスーパースター達に何も劣っているものはない。

一年以内に実現しないかな。おそらくレインズや真輔と今やったらメチャメチャ盛り上がるよね。しばらくは無理そうだけど。